ブログ

在留資格「高度専門職」が受けられる優遇措置とは

在留資格「高度専門職」の方が受けられる優遇高度人材外国人の受入れの促進等を図るため、在留資格「高度専門職(1号イロハ)」及び「高度専門職…

外国人材を新卒採用する際に確認すること

外国人材を新卒採用する際に確認しなければならない点平成29年5月の時点で在留資格「留学」で滞在している外国人の数は267,042人と言わ…

新たな外国人材受入れ!在留資格「特定技能」の創設

2019年4月からの開始を目指し、新しい在留資格「特定技能」が創設される予定です。この在留資格は、今まで、就労系の在留資格としては「…

技能実習を最長の5年行うために(監理団体)

平成29年11月に新しく技能実習法が施行されました。そして、技能実習の最長期間が3年から5年まで伸長されました。この最長5年…

日系四世の更なる受入れについて(特定活動)

今後、一定の要件を満たす”日系四世”の方を受け入れることが可能になります。現在は、日系四世については、日本で生まれるか、未成年のうち…

家族滞在で在留する子どもの在留資格 ~父の帰任が決まったケース~

Q 私の転勤に伴い、家族で3年前に来日し、妻と子は「家族滞在」の在留資格で暮らしています。娘は日本の高校に通っていますが、この度、わたしの転…

帰化の許可~官報告示~

帰化が法務大臣に許可されると、官報に載ります(官報告示)。官報に告示されるとその日から日本国籍とされています。そのあと、(3日~1週間後くら…

アニメ、ファッション、美容、食分野等に関わる分野における在留資格の明確化等

アニメやファッション・デザイン、食などを学びに来た留学生が、引き続き本邦で働くことを希望する場合等においては、これらの分野では非常に慎重に検…

高度専門職のポイント加算(対象となる中小企業)

高度専門職の申請に使用するポイント表についてQ)ポイント加算一覧の中に「イノベーション促進支援措置」や、「試験研究比率が3%を超える…

外国人・海外居住者の方の会社設立について  

Q これから日本に会社を作って事業を開始する予定です。日本に協力者がいなくても設立がすすめられますか?A ここ数年、外国人・海外居住…

さらに記事を表示する

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

PAGE TOP