ブログ

連れ子の在留資格(特定活動への変更可否)について教えてください。

Q:連れ子の在留資格(特定活動への変更可否)について教えてください。
・本人:企業内転勤で来日予定です。                                         ・結婚した妻に連れ子あり、養子縁組はしていません(2歳)。                             ・本人と共に妻、連れ子も来日したいと考えています。

A:連れ子の場合、従来の理解通り『告示外の特定活動』のため、特定活動の認定申請はできません。短期滞在で来日し、特定活動への変更の申請は可能だが、必ずしも認められるものではありません。
許可を受けるためのポイントは以下の通りです。                                    ①養子にできない事情がある(養子であれば家族滞在にできるので、養子にしてからの家族滞在申請を勧められる)
②子供が小さく、且つ、子供をお世話してくれる人間が現地にいるかどうか。
申請にあたっては、妻に親権があること、養子にできないこと等の立証資料と説明書があるとよいです。

(2015年11月 東京入管)

関連記事

  1. 技能実習 入国後講習
  2. 家族滞在で在留する子どもの在留資格 ~父の帰任が決まったケース~…
  3. 外国人材を新卒採用する際に確認すること
  4. あたらしい在留資格「特定技能」(介護分野)
  5. 高度専門職 VISA 高度専門職(高度人材)のメリット
  6. 海外子会社への出向に伴う在留資格の更新手続きについて
  7. 日本版高度外国人材グリーンカード(永住許可の改正案)
  8. 高度専門職のポイント加算(対象となる中小企業)

最新のお役立ち情報

  1. 外国人 ビザ

お役立ち情報一覧

PAGE TOP