ブログ

長期海外出向から帰任後の永住申請のタイミングについて教えてください。

Q:長期海外出向から帰任後の永住申請のタイミングについて教えてください。
1998年に留学生として来日し、卒業後就職して現在まで在留資格を継続しています。しかし、会社の辞令を受けて、2005年から2015年まで海外駐在し、先日帰任したばかりです。今後日本に永住するつもりですが、永住許可申請は許可されるでしょうか?

A:長期間日本にいなかったことをもって、許可しないということはありません。しかし日本を離れている年数がかなり長いため、若干不利に働くことは事実です。「中国に長期出向せざるを得なかったこと、今後は日本に定住する意思があること」を説明・立証する必要があるでしょう。直近3年分の日本での納税証明書が提出できないので、少なくとも出向期間中の収入証明書や海外の納税証明などで代替する必要があります。

(2015年5月 東京入管)

在留資格・ビザ・海外法務労務の行政書士等の専門家集団シンシアインターナショナル

関連記事

  1. 外国子会社から受け入れるエキスパットの高度人材認定について教えて…
  2. 日系四世の更なる受入れについて(特定活動)
  3. あたらしい在留資格「特定技能」(介護分野)
  4. 外国人 ビザ 高度人材(高度専門職)のポイント(年収・年齢等)減少について
  5. 在留資格「高度専門職」が受けられる優遇措置とは
  6. 外国人材を新卒採用する際に確認すること
  7. 新たな外国人材受入れ!在留資格「特定技能」の創設
  8. 日本版高度外国人材グリーンカード(永住許可の改正案)

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

PAGE TOP