ブログ

外国人の方が日本で会社を設立したい

外国人の方が、日本で会社設立をしたい場合

この場合で、外国人の方が「経営・管理」のVISAの取得を目指すときは、VISAの要件も考えた上での会社設立をする必要があります。

では、どのような要件を満たした会社設立をする必要があるのでしょうか?

まず、会社の規模に関する要件です。

この要件には、まず、①日本に居住する人が2人以上、常勤の職員として働いている規模であること 又は ②資本金等の額が500万円以上であることなどが求められます。

この要件を満たしていない会社では「経営・管理」のVISAを取得することは出来ませんので、設立時に注意が必要になります。

そして、事業を営むための事業所が、日本国内に確保されていることも必要です。この点、住居兼事業所の様な場合は、VISA取得が難しくなるので要注意です。

さらに、事務所が賃貸の場合は、事務所利用が可能な物件かどうかも重要ですので、事務所の賃貸借契約時に確認が必要になります。

次に、起業する事業を成功させる為にも、「経営・管理」のVISAを取得する為にも必要なのが、事業計画書の作成です。

起業するのですから当然ですが、VISAの申請時にも事業の安定性、継続性などを訴える必要があります。

VISA申請時には、当該事業が、本当に運営されて、安定継続性があることがとても大事になります。

VISA専門 シンシアインターナショナルでは、会社設立から事業運営、補助金等の申請サポートを行っています。

外国人の方で、企業を考えている方は、電話相談、メール相談は無料です。お気軽にご相談下さい。

 

 

在留資格に関するご質問・ご相談は、行政書士法人シンシアインターナショナルまでお気軽にご相談ください。

お問合せ

最新のお役立ち情報

  1. 外国人 ビザ

お役立ち情報一覧

PAGE TOP