お役立ち情報

技能実習生受入に関する労働保険の適用について教えてください。

Q:インド子会社の技能実習生を日本親会社で2.5か月出向受入予定しています。
給与はインド子会社から継続支給します。在留資格は技能実習1号イ(企業単独型)。
このようなケースで、労災保険および雇用保険の適用、保険料計算はどうなりますか?

A:(1)労災保険
・給与が全額インド子会社から支払われる場合、国外就労とみなされ、適用外となる可能性が高いです。
・ただし、親会社がインド子会社に給与分を支払っている(立替精算)場合は、精算分が労災保険料計算の基礎となり、そのインド人実習生も国内就労とみなされ、労災保険が適用されます。
・リスクとして、国内実習中に労災事故が発生したとき、労災保険の適用が無いため、民間保険などでカバーしておく必要があります。
※労働保険では、雇用契約の有無に関わらず、「指揮命令」をした分を労働者に賃金として支払う、という考え方です。したがって、労基署としては、実習生に「指揮命令」をするのであれば、その分は日本親会社で支払ってほしいという立場です。

(2)雇用保険
・雇用保険の要件に該当(週20時間以上など)するのであれば、雇用保険適用(資格取得届をハローワークへ提出)。
・ただ、日本親会社で給与を一切払っていない場合は、保険料計算の基礎がないため、雇用保険料は徴収されません(休業者と同じ状態)。

在留資格・ビザ・海外法務労務の行政書士等の専門家集団シンシアインターナショナル

関連記事

  1. 昇給時の社会保険や労働保険の該当等級の変更はどのようにすれば良い…

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

PAGE TOP