実習受入サービス

実習受入サービス

技能実習生にどれだけ書類が必要かご存知ですか?

【主な該当要件チェックリスト(企業単独型)】
☑ 申請人が外国法人(子会社等)の職員であること。(年齢:18歳以上)
☑ 技能修得後、本国で習得した技能を要する業務に従事する予定があること。
☑ 単純作業(同一の作業の反復のみで修得できるもの)でないこと。
☑ 本国での技能修得が困難であること。
☑ 1/6以上の時間を座学講習(日本語・生活・技能修得・法的保護)が占めること
☑ 報酬が日本人と同等額以上であること。(日本の地域別最低賃金をクリア)
☑ 「技能実習指導員(5年以上の経験)」「生活指導員」が置かれていること。
☑ 受け入れる技能実習生の数が受入機関の職員総数の1/20以内であること など

技能実習ってどんな制度ですか?

発展途上国の人材育成を目的とした日本の研修制度です。 海外子会社から実習生を受け入れる「企業単独型(技能実習1号イ)」と中小企業が事業協同組合等の団体を通して受け入れる「団体監理型(技能実習1号ロ)」があります。

技能実習制度はどのように活用されていますか?

海外の製造子会社が、現地の技術者や工場作業者の技能修得のため1年以内の期間で招聘するケースが増えています。新しい生産ラインを立ち上げる時に必要な技能を習得する技能者養成の方法として活用されています。

実習生の受入は在留資格審査も厳しく、手続きが大変ではないですか?

確かに技能実習は、審査要件も厳しく、申請書類作成も大変です。でもご安心ください!経験豊富な専門家(行政書士)に依頼すれば、審査基準も明確になり、書類作成からビザ取得まで安心して任せられます。

技能実習生の在留資格や受け入れ、面倒な書類の準備、シンシアが引き受けます!

技能実習生受入手配の確かな実績
・ 対象業種 輸送機器、精密部品、鉄鋼製品などの製造業
・ 受入人数 200人以上/年
・ 国籍 タイ、中国、韓国、インドネシア、インド、バーレーン、スペインなど 
 
英語・中国語対応で簡単アウトソース
申請に必要な書類を英語・中国語で直接現地法人のローカル人事御担当者様に説明するので人事ご担当者様の負担が軽減されます。通訳・翻訳を介さないで、専門家が直接説明するので安心です。
 
受入計画策定から研修までトータルサポート
技能実習受入段階から、給与、手当、社会保険の設計をサポートします。また来日後の法定研修(法的保護に関する研修、日本語教育、日本の生活に関する研修)も可能です。

面倒なことはシンシアにお任せ下さい!

電話:044-299-7218
代表社員 行政書士 鶴野 祐二

PAGE TOP