ブログ

”技術”と“技能”の境界とは ~その1~

Q:当社は精密部品メーカーです。人材派遣会社から紹介された外国籍人材が非常に優秀で、ぜひとも採用したいと考えています。採用後は「品質管理…

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で許容される実務研修について

Q:来年から外国人社員の採用を検討しています。当社では、新入社員研修として、入社後半年間は生産現場を含む実務研修(現場実習)を行っていま…

海外子会社社員を研修で受け入れる場合の留意点

Q:海外子会社の社員を1ヶ月、日本本社で受けれる予定です。対象者は生産現場の作業員です。数か所の国内工場で、現場作業を行いながらOJTで…

コロナウイルス関連の水際措置情報:2021年5月18日更新情報

インド、パキスタン、ネパールに加え、日本への上陸申請前14日以内に「バングラデシュまたはモルディブ」に滞在歴がある場合、既に在留資格をお持ち…

コロナウイルス関連の水際措置情報:インド、パキスタン及びネパールからの再入国禁止

日本への上陸申請前14日以内に「インド、パキスタン及びネパール」の3か国に滞在歴がある場合、既に在留資格をお持ちの外国人であっても、2021…

大学を中退した外国人を日本で雇用できるのか?

Q:IT関連の企業で、国内外の人事を担当しています。アフターコロナを視野に、ウェブ面談ツールを活用して海外在住の外国人の採用活動を行って…

外国人が日本に再入国する場合に必要な手続(水際対策)

Q:日本で雇用し、年明けから海外に長期出張している外国人社員Aが日本に帰国することになりました。外国人社員Aは、在留資格「技術・人文知識…

「企業内転勤」の在留資格を持つ従業員の取り扱いに際して注意すべき事項

Q:一昨年、海外子会社A社在籍の外国籍従業員Xを「企業内転勤」の在留資格で招聘しました。Xにはメインの取引先B社の担当として働いてもらってい…

雇用時の在留カードの確認

Q:外国人の採用時には在留カードのチェックを必ず行っています。しかし先日、テレビで「偽造在留カードが多く出回っている」というニュースを目…

「高度専門職1号」の在留資格保有者を中途採用する場合の留意点

Q:外国籍社員の中途採用を積極的に行っています。中途採用にあたっては、対象者の現在保有している在留資格を確認し、適宜必要な手続を行ってい…

さらに記事を表示する

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP