ブログ

インターンシップ(特定活動)について、1年を超える活動は可能でしょうか?

外国人 ビザ

Q:インターンシップ(特定活動)について、1年を超える活動は可能でしょうか?
尚、以下の要件を満たしていることが前提です。
・報酬有
・受入企業と外国大学(送り出し機関)との間で受入契約を締結。
・大学の教育課程の一環として実施(単位・付与が要件)

A:1回の活動において1年を超えることは認められません。
インターンの期間については、「一年を超えない範囲、かつ、通算で修業年限の二分の一を超えない範囲」と定められています。
過去に日本でのインターン経験がある場合、上記要件の範囲内(通算で修業年限の二分の一を超えない)の活動であることが明記された書面の提出が必要となります。

(2016年3月9日 東京入管)

在留資格・ビザ・海外法務労務の行政書士等の専門家集団シンシアインターナショナル

関連記事

  1. 外国人 ビザ 米国弁護士を日本で受け入れる場合の手続について教えてください。
  2. 高度専門職のポイント加算(対象となる中小企業)
  3. 外国人 ビザ 永住許可を検討しています。家族(妻・子)も同時に申請することがで…
  4. 家族滞在で在留する子どもの在留資格 ~父の帰任が決まったケース~…
  5. あたらしい在留資格「特定技能」(介護分野)
  6. 高度専門職の特別加算「契約機関がイノベーション促進支援措置を受け…
  7. 海外子会社社員を研修で受け入れる場合の留意点
  8. 緊急事態宣言延長後の水際措置について

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP