ブログ

中途採用(転職)の場合、入管に申請や届け出は必要ですか?【就労資格証明書】

Q 在留資格「技術・人文知識・国際業務」(5年)を持っている外国人を採用することにしましたが、入管に申請や届け出は必要ですか?

A 採用後もその外国人の方の在留資格の活動を引き続き行うのであれば、「在留資格変更許可申請」は不要です。一方、転職後の業務内容がその外国人の方の在留資格の活動に該当するかどうか?については、採用側での判断は難しい場合があると思います。その場合、在留期間がまだ十分に残っている場合には、外国人の方の住居地を管轄する入管に、「就労資格証明書」の交付申請を行うことにより、採用後に従事させる業務がその外国人の方の在留資格の範囲に該当するかどうか確認することができます。

※理系の方が文系の業務につく場合や文系・理系どちらの要素も含む業務に従事させたい場合など、「就労資格証明書」をとっておくと、次回更新のときには一度審査をうけているので、職務に変更がなければ、審査がスムーズにいくと想定されます。

なお、転職時には、別途、前の会社をやめたこと及び新しい就職をしたことについて、「所属機関(契約期間、活動機関)に関する届け出」が必要です。

在留資格・ビザ・海外法務労務の行政書士等の専門家集団シンシアインターナショナル

関連記事

  1. 外国人 ビザ 米国弁護士を日本で受け入れる場合の手続について教えてください。
  2. 海外駐在からの帰任に伴う家族の在留資格申請について教えてください…
  3. 外国人を雇用する場合の注意点①
  4. 高度専門職 VISA 4月から留学生を新卒採用します。卒業証書が3月下旬になるそうです…
  5. 外国人 ビザ 文系学士・情報処理系業務の場合の取り扱いについて(技術・人文知識…
  6. 外国人 ビザ 高度人材(高度専門職)のポイント(年収・年齢等)減少について
  7. 技能実習を最長の5年行うために(監理団体)
  8. 外国人材を新卒採用する際に確認すること

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

PAGE TOP