ブログ

高度人材(高度専門職)への変更を受けるには?

高度専門職 VISA

Q 現在「技術・人文知識・国際業務」等、「高度専門職」以外の在留資格で在留しています。高度専門職になると、親を呼べる等優遇(メリット)があるので、変更をしたいのですが、変更をすることができますか。また、どのような優遇がありますか。

A 現在高度専門職以外の在留資格で在留している方については、「高度専門職1号イ・ロ・ハのいずれかに該当するのであれば、在留資格変更許可申請を行うことができます。就労の内容が高度人材としての活動にあたるかどうか、「ポイント計算表」の結果が70点に達するかどうか、これまでの在留状況等の審査を経て、すべて満たしているとなれば、高度専門職へ在留資格を変更することが可能です。

優遇については、研究をしながら企業の経営をする等、複合的な活動をすることが可能です。また、「5年」の在留資格が付与され、入管が審査の優先処理を行うとされています。そして、所定の要件を満たす必要がありますが、親を呼び寄せたり、家事使用人を呼び寄せることが認められます。

在留資格・ビザ・海外法務労務の行政書士等の専門家集団シンシアインターナショナル

関連記事

  1. 「高度専門職1号」の在留資格保有者を中途採用する場合の留意点
  2. 外国人 ビザ 米国弁護士を日本で受け入れる場合の手続について教えてください。
  3. 技能実習 入国後講習
  4. 海外子会社社員を研修で受け入れる場合の留意点
  5. 1年以内に再入国できなかったとき
  6. 新たな外国人材受入れ!在留資格「特定技能」の創設
  7. 外国人 ビザ 在留カードへの漢字併記を希望する場合の手続きについて教えてくださ…
  8. 外国人 ビザ 医療の在留資格申請について教えてください。

最新のお役立ち情報

  1. 高度専門職 VISA

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP