ブログ

高度専門職のメリット ~家事使用人を雇用する~

Q 海外の事業所から家族で日本に転勤(出向)しています。まだ子どもは7歳と4歳。妻もまだ日本での生活になれておらず、育児に手がかかって、わたしも仕事が忙しくなかなか時間がとれずにいます。同僚がHousekeeperを雇用しており、わたしたち家族も雇用したいと考えていますが、どのようにすればいいでしょうか。

A 13歳未満のお子様がいる場合や奥様が家事に従事できない事情がある場合、「高度専門職」の在留資格の方は、家事使用人を雇用することができます。具体的には、家事使用人の方が20歳以上であること、月額20万円以上の報酬を支払うこと(雇用契約書を作成)、雇用する家事使用人は1人まで、雇用主と家事使用人がコミュニケーションがとれること(どの言語で会話をするか等も説明)、高度専門職の世帯年収が1000万円以上であること等求められます。

※家事使用人の方がほかの方の家事使用人(在留資格は「特定活動」)の活動をしていて、今回、雇用先が変更になる場合には、「在留資格変更許可申請」を行うことになりますが、その際には、家事使用人の在留状況も審査されることになります。

「外交・公用」「経営・管理」の在留資格の方も家事使用人を雇用することができますが、必要書類が少し異なっています。また、家事使用人は本国から一緒に連れてくることもできますが、具体的にはお問い合わせください。

 

在留資格・ビザ・海外法務労務の行政書士等の専門家集団シンシアインターナショナル

 

関連記事

  1. 海外駐在からの帰任に伴う家族の在留資格申請について教えてください…
  2. 「高度専門職1号」の在留資格保有者を中途採用する場合の留意点
  3. 外国人 ビザ 永住許可を検討しています。家族(妻・子)も同時に申請することがで…
  4. 永住許可申請時の添付書類の追加
  5. 技能実習を最長の5年行うために(監理団体)
  6. コロナウイルス関連の水際措置情報:2021年5月18日更新情報
  7. 検疫所が確保する宿泊施設での待期期間の短縮について
  8. 海外子会社社員を研修で受け入れる場合の留意点

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP