ブログ

海外子会社への出向に伴う在留資格の更新手続きについて

ここ数年、クライアント企業様より海外子会社(関係会社)へ出向中の外国籍社員の方の在留資格更新手続きのご依頼を受けるケースが増えています。実際に当社で受託し、無事に許可を得けた多くの実績がありますが、特殊な手続きのため、取進めには注意が必要です。

1)更新可否の考え方
「在留資格」は日本に滞在することを前提として交付されるものです。
そのため、出向等で長期間 日本から離れる外国人については、原則、「出国時に在留カードを返納する」こと、もしくは出国期間中に在留期限が満了する場合は更新を行わずに期限を満了させる」こと=「帰任時に在留資格を取りなおして来日する」ことが求められます。
上記の理由から、出向期間中に在留期間更新許可申請を行った場合、少なからず不許可となる可能性がございます。
一方で、例えば「出向中でも頻繁に来日し、日本での仕事も行う」、「帰任時期が近付いている」等、在留資格を更新する(保有したままとする)必要性の高い事例も存在します。そのようなケースでは、入管が「在留資格更新の必要性が高い」と判断した場合、出向中の在留期間更新許可申請であっても、許可を受けられる可能性があります。

申請時や許可取得時は、申請者が必ず日本にいる必要があります。特殊な手続きとなりますので、ぜひ専門家(申請取次行政書士)にお任せください。

関連記事

  1. 外国子会社から受け入れるエキスパットの高度人材認定について教えて…
  2. 健康経営優良法人(経済産業省)の認定でカテゴリー1になります。
  3. 緊急事態宣言延長後の水際措置について
  4. コロナウイルス関連の水際措置情報:インド、パキスタン及びネパール…
  5. 在留資格「介護」の特例措置について
  6. 高度専門職のポイント加算(対象となる中小企業)
  7. 在留資格変更手続に時間がかかり4月入社に間に合わない場合の対応
  8. 新型コロナウィルス感染拡大防止にかかる上陸拒否と特段の事情による…

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP