ブログ

在留資格認定証明書の有効期間に係る新たな取扱いについて

Q:緊急事態宣言の再発令に伴い、既に発行された在留資格認定証明書の取り扱いに変更はあるのでしょうか?

A:以下の点が変更されました。

・対象となる在留資格認定証明書(変更):2019年10月1日以降に作成されたもの

・有効とみなす期間(変更)

作成日が2019年10月1日から12月31日→2021年4月30日まで(これまでの取扱いと同じ)

作成日が2020年1月1日から2021年1月30日→2021年7月31日まで

作成日が2021年1月31日以降→ 作成日から「6か月間」有効

・有効とみなす条件

在外公館での査証発給申請時に、受入れ機関等が作成した文書(所定の事項を記載したもの)を提出すること

詳しい情報を知りたい方は、法務省ホームページをご参照ください。

http://www.moj.go.jp/isa/content/930005022.pdf

なお、対象となる在留資格(在留資格認定証明書の対象となる全ての在留資格)、対象地域(全ての国・地域)には変更はありません。

関連記事

  1. 資格外活動許可の対象外となる事例
  2. 緊急事態宣言延長後の水際措置について
  3. コロナウイルス関連の水際措置情報:2021年5月18日更新情報
  4. 外国人 ビザ 文系学士・情報処理系業務の場合の取り扱いについて(技術・人文知識…
  5. 外国人 ビザ インターンシップ(特定活動)について、1年を超える活動は可能でし…
  6. 高度専門職 VISA 高度人材(高度専門職)への変更を受けるには?
  7. 「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で許容される実務研修につい…
  8. 外国人を雇用する場合の注意点①

最新のお役立ち情報

  1. 高度専門職 VISA

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP