ブログ

昨年1月1日時点で日本に住所を有していない外国人社員の在留資格更新手続について

Q:昨年、海外在住の外国人を採用し、来日してもらいました。
来日は昨年の4月28日で、5月1日付けで住民登録をしてもらっています。
許可を受けた在留期間が1年であったため、在留期間更新許可申請を行うことになりました。法務局のウェブサイトで必要書類を確認したところ、「住民税の課税(または非課税)証明書」と「納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)」の提出が必要と書かれていました。
しかし該当者は昨年の1月1日には日本にいなかったため、これらの証明書の発給を受けることができません。
どのような書類を代わりに提出すればよいのでしょうか?

 

A:上記のような理由により「住民税の課税(または非課税)証明書」及び「納税証明書」の提出ができない場合、例えば会社が交付した昨年分の「給与所得の源泉徴収票」や、毎月の「給料明細」等を代替書類として提出することができます。

 

 

関連記事

  1. 高度専門職 VISA 高度人材(高度専門職)への変更を受けるには?
  2. 緊急事態宣言延長後の水際措置について
  3. 新たな外国人材受入れ!在留資格「特定技能」の創設
  4. 水際対策(2022/5/18現在)
  5. 外国人が日本に再入国する場合に必要な手続(水際対策)
  6. 高度専門職 VISA 4月から留学生を新卒採用します。卒業証書が3月下旬になるそうです…
  7. 高度専門職の特別加算「契約機関がイノベーション促進支援措置を受け…
  8. 高度専門職の永住許可要件の改正について

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP