ブログ

昨年1月1日時点で日本に住所を有していない外国人社員の在留資格更新手続について

Q:昨年、海外在住の外国人を採用し、来日してもらいました。
来日は昨年の4月28日で、5月1日付けで住民登録をしてもらっています。
許可を受けた在留期間が1年であったため、在留期間更新許可申請を行うことになりました。法務局のウェブサイトで必要書類を確認したところ、「住民税の課税(または非課税)証明書」と「納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)」の提出が必要と書かれていました。
しかし該当者は昨年の1月1日には日本にいなかったため、これらの証明書の発給を受けることができません。
どのような書類を代わりに提出すればよいのでしょうか?

 

A:上記のような理由により「住民税の課税(または非課税)証明書」及び「納税証明書」の提出ができない場合、例えば会社が交付した昨年分の「給与所得の源泉徴収票」や、毎月の「給料明細」等を代替書類として提出することができます。

 

 

関連記事

  1. 外国人 ビザ 文系学士・情報処理系業務の場合の取り扱いについて(技術・人文知識…
  2. アニメ、ファッション、美容、食分野等に関わる分野における在留資格…
  3. 高度専門職 VISA 高度専門職(高度人材)のメリット
  4. 外国人 ビザ インターンシップ(特定活動)について、1年を超える活動は可能でし…
  5. 日系四世の更なる受入れについて(特定活動)
  6. 在留資格変更手続に時間がかかり4月入社に間に合わない場合の対応
  7. 「高度専門職1号」の在留資格保有者を中途採用する場合の留意点
  8. 海外子会社への出向に伴う在留資格の更新手続きについて

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP