ブログ

雇用時の在留カードの確認

Q:外国人の採用時には在留カードのチェックを必ず行っています。
しかし先日、テレビで「偽造在留カードが多く出回っている」というニュースを目にし、不安になっています。
在留カードの確認の際に活用できるサイトや情報はあるのでしょうか?

A:近年は偽造の在留カードの精度も向上しており、パッと見では偽物か分からないものも多く出回っています。
新入社員や自社で外国から招聘した外国人であれば偽造の在留カードであることはほぼありませんが、中途採用やパート、アルバイトで外国人を雇用する場合はその在留カードが本物かどうかを確認する必要があります。

この確認にあたっては、出入国在留管理庁が提供している偽造防止確認サイト「在留カード等番号失効情報照会」を利用してチェックされることをおすすめします。
在留カード番号と有効期限を入力すると、実在する在留カード番号かどうかが確認できます。

但し、実在する在留カード番号を利用した偽造在留カードも存在するため、法務省入国管理局ホームページ内「『在留カード』及び『特別永住者証明書』の見方も参照の上、慎重に確認しましょう。

関連記事

  1. Landing refusal to prevent the s…
  2. 外国人材を新卒採用する際に確認すること
  3. 高度専門職 VISA 高度人材(高度専門職)への変更を受けるには?
  4. 「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で許容される実務研修につい…
  5. 永住許可申請時の添付書類の追加
  6. 高度専門職 VISA 4月から留学生を新卒採用します。卒業証書が3月下旬になるそうです…
  7. 水際対策(2022/5/18現在)
  8. 検疫所が確保する宿泊施設での待期期間の短縮について

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP