ブログ

「企業内転勤」の在留資格を持つ従業員の取り扱いに際して注意すべき事項

Q:一昨年、海外子会社A社在籍の外国籍従業員Xを「企業内転勤」の在留資格で招聘しました。Xにはメインの取引先B社の担当として働いてもらっています。
最近、Xの仕事ぶりを気に入ったB社から「XをB社の●●事業所に常駐させたい。籍を残したままであれば、B社社員の下で働いても問題ないのでは?」と言われました。
自社に在籍したままであれば、Xを他社の事業所に常駐させてよいのでしょうか?

 

A:企業内転勤は、外国の子会社等からの転勤者を受け入れるための在留資格です。そのため、自社で受け入れたXを他社に転勤させたり、出向させることは認められません。
自社の社員のままB社に常駐させる場合(在籍出向)であっても実質的にB社の指揮監督下で業務に従事することになるため、このような場合であっても認められません。十分にご注意下さい。

どうしてもB社に常駐させたい場合には、Xの在留資格を「企業内転勤」から「技術・人文知識・国際業務」に変更する必要があります。
ここで注意頂きたいのは、「企業内転勤」では学歴要件が課されない一方、「技術・人文知識・国際業務」では学歴要件が課されることです。そのためXの最終学歴が「高等学校」の場合、「技術・人文知識・国際業務」への変更が認められない場合があります。

「企業内転勤」の在留資格を持つ従業員の取り扱いに際しては、注意すべき事項が多くあります。
疑問点・不安点については、事前に専門家に相談することが肝要です。

関連記事

  1. 技能実習 入国後講習
  2. 昨年1月1日時点で日本に住所を有していない外国人社員の在留資格更…
  3. 外国人 ビザ 文系学士・情報処理系業務の場合の取り扱いについて(技術・人文知識…
  4. Landing refusal to prevent the s…
  5. 高度専門職のポイント加算(対象となる中小企業)
  6. 日系四世の更なる受入れについて(特定活動)
  7. 高度専門職 VISA 4月から留学生を新卒採用します。卒業証書が3月下旬になるそうです…
  8. 在留資格変更手続に時間がかかり4月入社に間に合わない場合の対応

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP