ブログ

”技術”と“技能”の境界とは ~その1~

Q:当社は精密部品メーカーです。人材派遣会社から紹介された外国籍人材が非常に優秀で、ぜひとも採用したいと考えています。
採用後は「品質管理部」に所属してもらい、主として品質管理業務を行ってもらう予定です。
ただ品質管理部は工場内にあり、現場を回ることもあります。
このような業務では「技術・人文知識・国際業務」の在留資格は取れないのでしょうか?

A:どのような「管理」業務に従事するのかによります。
例えば、生産ラインの品質管理の仕組みを作り(例:QC七つ道具の導入など)、これを管理する業務であれば、技術的な専門性(例えば機械工学の知識等)を発揮できるものとみなされるため、「技術・人文知識・国際業務」の対象になると考えられます。
一方、工場で生産された部品を現場で目視検査する業務の場合、技術的な専門性を発揮できないと判断されます。そのため、この場合は「技術・人文知識・国際業務」ではなく「技能実習」に該当します。

「品質管理」と一口に言ってもその業務内容は様々です。実際にどのような業務を担当してもらうのか、を主眼に検討していく必要があります。

関連記事

  1. 外国人を雇用する場合の注意点①
  2. 在留資格「介護」の特例措置について
  3. 新型コロナウィルス感染拡大防止にかかる上陸拒否と特段の事情による…
  4. 海外子会社社員を研修で受け入れる場合の留意点
  5. 雇用契約書は入管から許可が出てから取り交わすことはできませんか?…
  6. 技能実習を最長の5年行うために(監理団体)
  7. 過去に来日した技能実習生を再度招へいしたいけど問題はありますか?…
  8. 昨年1月1日時点で日本に住所を有していない外国人社員の在留資格更…

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP