ブログ

在留資格認定証明書の有効期間について(最新)

在留資格認定証明書の有効期間の最新情報が2021年7月5日付けで公表されました。
新しい取り扱いは以下の通りです。

1.対象となる在留資格認定証明書
2020年1月1日以降に作成されたもの

2.有効とみなす期間
作成日が2020年1月1日から2021年7月31日まで ⇒ 2022年1月31日まで
作成日が2021年8月1日以降          ⇒ 作成日から6か月

※2019年12月31日までに作成されたものを利用しての査証発行はできません。
但し、同じ内容で在留資格認定証明書の再交付申請をする場合は、以下の書類のみを提出すれば受け付けられます。
・申請書
・受入機関等が作成した理由書 ※参考様式は出入国在留管理庁のウェブサイトからダウンロードできます。
・交付済みの在留資格認定証明書(原本又は写し)

関連記事

  1. 海外子会社社員を研修で受け入れる場合の留意点
  2. 1年以内に再入国できなかったとき
  3. 技能実習生は何名受入可能でしょうか(企業単独型)
  4. 高度専門職 VISA 高度専門職の「研究実績」加点
  5. 外国人・海外居住者の方の会社設立について  
  6. 外国人 ビザ 高度専門職の外国人個人が家事使用人Housekeeperを雇用す…
  7. 新たな外国人材受入れ!在留資格「特定技能」の創設
  8. 在留資格認定証明書の有効期間に係る新たな取扱いについて

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP