ブログ

資格外活動許可の対象外となる事例

Q:パチンコ店を経営しています。先日アルバイトの募集をしたところ、外国人からの応募がいくつかありました。
念のため採用できるかどうかネットで調べたところ、「風俗営業等」には従事させることができない、との記事を見つけました。これは具体的にはどのようなものが該当するのでしょうか?

A:パチンコ店舗内で行う業務全てが対象となります。
入管法では、「風俗営業若しくは店舗型性風俗特殊営業が営まれている営業所において行う活動等」は資格外活動の対象外とされています。
つまり、営業所で行われる活動全て=店舗で行う業務全てが対象になりますので、外国人アルバイト従業員はカウンター業務だけでなく、開店前後の清掃業務等も行うことができないことにご留意下さい。

またゲームセンターやマージャン店も「風俗営業」に該当するため、これらの店舗でも外国人をアルバイトとして働かせることはできないことにも十分にご注意下さい。

関連記事

  1. 高度専門職の特別加算「契約機関がイノベーション促進支援措置を受け…
  2. 海外子会社社員を研修で受け入れる場合の留意点
  3. 高度専門職 VISA 高度専門職の「研究実績」加点
  4. 外国人 ビザ 米国弁護士を日本で受け入れる場合の手続について教えてください。
  5. 緊急事態宣言延長後の水際措置について
  6. Landing refusal to prevent the s…
  7. 在留資格「高度専門職」が受けられる優遇措置とは
  8. 「高度専門職1号」の在留資格保有者を中途採用する場合の留意点

最新のお役立ち情報

  1. 高度専門職 VISA

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP