ブログ

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について

2021年9月27日付けで、水際措置(検疫)が変更となりました。
詳細は以下の通りです。

1.原則
全ての入国者(日本人を含む。)は、出国前72時間以内の検査証明書を提出する必要があります。
また、当分の間、全ての入国者(日本人を含む。)は、入国時の検査を実施の上、自宅等で14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことが要請されています。

2.上記1の措置に加え、以下の国・地域からのすべての入国者及び帰国者については、
①検疫所が確保する宿泊施設での
6日間の待機
入国後3日目及び6日目の検査 ※いずれの検査においても陰性と判定された者のみ、検疫所が確保する宿泊施設を退所できます。
③宿泊施設退所後、入国後14日目までの間自宅等待機
が求められます。
<対象国>
アルゼンチン、コスタリカ、コロンビア、スリナム、トリニダード・トバゴ、フィリピン、ブラジル、ベネズエラ、ペルー

3.上記1の措置に加え、以下の国・地域からのすべての入国者及び帰国者については、
①検疫所が確保する宿泊施設での3
日間の待機
入国後3日目の検査 ※陰性と判定された者のみ、検疫所が確保する宿泊施設を退所できます。
③宿泊施設退所後、入国後14日目までの間自宅等待機
が求められます。
<対象国>
エクアドル、チリ、ドミニカ共和国、アラブ首長国連邦、アルバニア、インド、インドネシア、ウルグアイ、英国、カザフスタン、ギニア、キューバ、ギリシャ、ザンビア、ジョージア、スリランカ、セーシェル、タンザニア、デンマーク、トルコ、パキスタン、パラグアイ、バングラデシュ、ベルギー、ボリビア、ポルトガル、マレーシア、南アフリカ共和国、モザンビーク、モルディブ、リビア、ロシア(ハバロフスク地方、モスクワ市)
アフガニスタン、キルギス、スペイン、ネパール、ミャンマーについては、2021年9月30日午前0時(日本時間)以降の入国者は措置対象外となります。

関連記事

  1. 昨年1月1日時点で日本に住所を有していない外国人社員の在留資格更…
  2. 高度人材ポイント制の見直し ~日本語能力検定N2でポイントUP~…
  3. コロナウイルス関連の水際措置情報:インド、パキスタン及びネパール…
  4. 中途採用(転職)の場合、入管に申請や届け出は必要ですか?【就労資…
  5. フィリピン国籍の外国人を雇用する場合の留意点(1)
  6. 技能実習生は何名受入可能でしょうか(企業単独型)
  7. 外国子会社から受け入れるエキスパットの高度人材認定について教えて…
  8. 家族滞在で在留する子どもの在留資格 ~父の帰任が決まったケース~…

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP