ブログ

高度専門職外国人の配偶者の就労について

Q:私は、高度専門職の在留資格で日本に滞在している外国人です。
妻と子供と一緒に暮らしています。なお、妻と子供は、家族滞在の在留資格を持っています。
妻から「子供も大きくなり、自分の時間を持てるようになったので、そろそろ自分も働きたい」との相談を受けました。
妻が働くためには、どのような手続が必要なのでしょうか。

A:以下の3つの方法が考えられます。
1.資格外活動許可を取得する
就労時間が週28時間以内である場合、「資格外活動許可」を取得すれば、その許可の範囲内で働くことができます。
アルバイトやパート就労であれば、こちらで十分と考えます。

2.高度外国人材の就労する配偶者(特定活動33号)に変更する
今の在留資格である「家族滞在」から、「特定活動33号(高度外国人材の就労する配偶者)」に変更することも可能です。
時間制限はありませんので、週28時間以上働くこともできます。
また、学歴要件は課されませんので、配偶者が高卒であっても問題ありません。
但し、この場合、
・就職先が決まっており、且つ
・その就職先での仕事内容が、在留資格「研究」「教育」「技術・人文知識・国際業務」又は「興行」(演劇等の興行に係る活動以外の芸能活動)に該当するものである
ことが求められます。

3.就労の在留資格に変更する
就職先が決まっており、その就職先での仕事内容が、在留資格「教育」「技術・人文知識・国際業務」等に該当するものであって、配偶者がこれらの取得要件(例:学歴要件)を満たしていれば、これらの在留資格への変更は可能です。

関連記事

  1. 外国人 ビザ 高度専門職の外国人個人が家事使用人Housekeeperを雇用す…
  2. 昨年1月1日時点で日本に住所を有していない外国人社員の在留資格更…
  3. 海外子会社への出向に伴う在留資格の更新手続きについて
  4. 長期海外出向から帰任後の永住申請のタイミングについて教えてくださ…
  5. 特定技能:提出書類の省略について
  6. 在留資格認定証明書の有効期間に係る新たな取扱いについて
  7. フィリピン国籍の外国人を雇用する場合の留意点(2)
  8. 在留資格「介護」の特例措置について

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP