ブログ

検疫所が確保する宿泊施設での待期期間の短縮について

日本への入国・帰国後は、日本入国・帰国前に滞在した国・地域に応じて、検疫所が確保する宿泊施設での待機/自宅待機等での待機が義務付けられています。
但し、入国時・帰国時の検疫で、有効なワクチン接種証明書の「写し」を提出した場合には、
・宿泊施設での待機期間(3日間)の免除
・入国後の待期期間(14日間)の一部短縮
を受けることができます。

詳細はhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00307.htmlでご確認下さい。

関連記事

  1. New!水際対策強化に係る新たな措置について(2)
  2. NEW 水際対策緩和について
  3. 「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で許容される実務研修につい…
  4. 特定技能制度で定める届出について(1)
  5. 検疫所が確保する宿泊施設で入国後3日間待機を求める指定国・地域(…
  6. 在留資格「介護」が加わります~介護福祉士~
  7. 大学を中退した外国人を日本で雇用できるのか?
  8. フィリピン国籍の外国人を雇用する場合の留意点(1)

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP