ブログ

フィリピン国籍の外国人を雇用する場合の留意点(2)

前回の続きです。以下、必要な手続きを確認していきましょう。

①現地エージェントとの契約締結
まず、対象者と日本の雇用主とが、POEA認定の現地エージェントと代理契約を締結します。
また、現地エージェントから、委任状等の書類を提供してもらいます。

②日本での公証手続き
現地エージェントから受け取った委任状等について、日本の公証役場とフィリピン大使館で「認証」を受けます。

③POLOでの手続き
現地エージェントから受け取った委任状等(認証済)と、申請書類(雇用主が作成)等をPOLOに提出し、POLOによる認証を受けます。
POLOは、提出された書類を審査します。審査に合格すると、認証済書類が返却されます。
※POLOへの申請が初めての場合、書類審査の後に面談審査が行われます。
 但し、POLOに申請を行ったことがある場合でも、状況に応じて面談審査が行われることにご留意下さい。
 なお、面談審査は、英語で行われます。

④POEAでの手続き(海外労働許可書の入手)
POLOで認証を受けた書類一式を現地エージェントに送付し、POEAに労働許可申請を行ってもらいます。
なお、POLOーPOEAでの手続きと並行して、日本の入管への手続きを行うことをお勧めします。

在フィリピン大使館での手続き(査証の入手)
在フィリピン大使館に、査証申請を行います。

以上は、「新たに海外から対象者を招聘する」場合に必要な手続きです。
なお、既に日本に在留しているフィリピン国籍の外国人を雇用する場合は、POLOで必要な手続きを行うとともに、対象者がフィリピンに帰国した際、POEAで必要な手続きを行ってもらう必要があります。

関連記事

  1. 外国人 ビザ 永住許可を検討しています。家族(妻・子)も同時に申請することがで…
  2. 緊急事態宣言延長後の水際措置について
  3. 自分の親を日本に呼び寄せられるか?
  4. 日本版高度外国人材グリーンカード(永住許可の改正案)
  5. 外国人 ビザ 海外子会社社員研修受入のための在留資格
  6. 海外子会社社員を研修で受け入れる場合の留意点
  7. ”技術”と“技能”の境界とは ~その1~
  8. 高度人材ポイント制の見直し ~日本語能力検定N2でポイントUP~…

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP