ブログ

大学・専門学校卒業後のアルバイト

Q:今年の3月に日本の大学を卒業する留学生です。
日本企業から内定をもらっていますが、入社日が5月1日のため、それまでアルバイトでお金を稼ぎたいと考えています。
留学の在留期限は2022年8月30日ですし、資格外活動許可は既に持っているので、アルバイトをしても問題ないと考えていますが、大丈夫でしょうか。

A:残念ながら、大学卒業後はアルバイトをすることはできません。
資格外活動許可を受けるためには、現在有している在留資格に関する活動を行っていることが求められます。
しかし、大学を卒業してしまうと、たとえ在留期間が残っていたとしても、もはや「留学生」とは言えません。
そのため、「現在有している在留資格に関する活動」を行っていないことになり、上記要件を満たさないことになってしまいます。

大学卒業後の活動には、くれぐれもご注意下さい。

関連記事

  1. 1年以内に再入国できなかったとき
  2. 雇用契約書は入管から許可が出てから取り交わすことはできませんか?…
  3. あたらしい在留資格「特定技能」(介護分野)
  4. 緊急事態宣言延長後の水際措置について
  5. 日本版高度外国人材グリーンカード(永住許可の改正案)
  6. Regarding gradual measures to vi…
  7. 高度専門職 VISA 高度人材(高度専門職)への変更を受けるには?
  8. 飲食店やコンビニ店で働く在留資格

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP