ブログ

外国人の新規入国制限の見直しについて

現在、外国人の日本への新規入国は、「特段の事情」がある場合に限り、認められています。

下記(1)から(3)のいずれかに該当する新規入国予定外国人については、2022年6月10日より、日本国内に所在する受入責任者が、入国者健康確認システム(ERFS)により所定の申請を完了した場合、「特段の事情」があるものとして取り扱われることとなりました。
(1)商用・就労等の目的の短期滞在者(3月以下)
(2)観光目的の短期滞在者(旅行代理店等を受入責任者とする場合)
(3)中長期滞在者
※上記(2)については、「青」区分の国・地域から入国する方に限定されます。

詳細は、こちらをご参照下さい。

関連記事

  1. 外国人 ビザ インターンシップ(特定活動)について、1年を超える活動は可能でし…
  2. 技能実習を最長の5年行うために(監理団体)
  3. 建設特定技能受入計画における報酬額の認定について
  4. 高度人材ポイント制の見直し ~日本語能力検定N2でポイントUP~…
  5. コロナウイルス関連の水際措置情報:2021年5月18日更新情報
  6. New!水際対策強化に係る新たな措置について(2)
  7. フィリピン国籍の外国人を雇用する場合の留意点(2)
  8. 技能実習イ(企業単独型)の2号移行要件について教えてください。

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP