ブログ

特定技能制度で定める届出について(1)

特定技能外国人を雇用・支援する企業・団体は、所定の時期に所定の「届出」を行う必要があります。

上記届出は、以下の2つに分類されます。
①定期届出
②随時届出

①定期届出
特定技能外国人の受入れ・活動状況、支援実施状況を年4回、定期的に入管局に報告するものです。
(提出期間)
第1四半期:4月1日~4月15日
第2四半期:7月1日~7月15日
第3四半期:10月1日~10月15日
第4四半期:1月1日~1月15日

②随時届出
特定技能外国人の雇用条件等が変わった(退職等含む)、支援計画や委託先が変わった、登録支援機関に変更があった場合等に、その旨を入管局に報告するものです。
事由が発生したときから14日以内に届け出る必要があります。

関連記事

  1. 在留カードの見分け方③
  2. 「企業内転勤」の在留資格を持つ従業員の取り扱いに際して注意すべき…
  3. 技能実習イ(企業単独型)の2号移行要件について教えてください。
  4. 外国人 ビザ 在留カードへの漢字併記を希望する場合の手続きについて教えてくださ…
  5. 新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について…
  6. 外国人 ビザ インターンシップ(特定活動)について、1年を超える活動は可能でし…
  7. 「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で許容される実務研修につい…
  8. Landing refusal to prevent the s…

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP