ブログ

特定技能制度で定める届出について(1)

特定技能外国人を雇用・支援する企業・団体は、所定の時期に所定の「届出」を行う必要があります。

上記届出は、以下の2つに分類されます。
①定期届出
②随時届出

①定期届出
特定技能外国人の受入れ・活動状況、支援実施状況を年4回、定期的に入管局に報告するものです。
(提出期間)
第1四半期:4月1日~4月15日
第2四半期:7月1日~7月15日
第3四半期:10月1日~10月15日
第4四半期:1月1日~1月15日

②随時届出
特定技能外国人の雇用条件等が変わった(退職等含む)、支援計画や委託先が変わった、登録支援機関に変更があった場合等に、その旨を入管局に報告するものです。
事由が発生したときから14日以内に届け出る必要があります。

関連記事

  1. タイ、ベトナムからの来日再開に向けた段階的措置の対応について
  2. 特定技能で定める届け出について(2)
  3. アニメ、ファッション、美容、食分野等に関わる分野における在留資格…
  4. 在留資格「介護」の特例措置について
  5. 特定技能:提出書類の省略について
  6. 在留資格認定証明書の有効期間について(最新)
  7. 健康経営優良法人(経済産業省)の認定でカテゴリー1になります。
  8. 連れ子の在留資格(特定活動への変更可否)について教えてください。…

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP