ブログ

特定技能制度で定める届出について(1)

特定技能外国人を雇用・支援する企業・団体は、所定の時期に所定の「届出」を行う必要があります。

上記届出は、以下の2つに分類されます。
①定期届出
②随時届出

①定期届出
特定技能外国人の受入れ・活動状況、支援実施状況を年4回、定期的に入管局に報告するものです。
(提出期間)
第1四半期:4月1日~4月15日
第2四半期:7月1日~7月15日
第3四半期:10月1日~10月15日
第4四半期:1月1日~1月15日

②随時届出
特定技能外国人の雇用条件等が変わった(退職等含む)、支援計画や委託先が変わった、登録支援機関に変更があった場合等に、その旨を入管局に報告するものです。
事由が発生したときから14日以内に届け出る必要があります。

関連記事

  1. 外国人 ビザ 高度専門職の外国人個人が家事使用人Housekeeperを雇用す…
  2. アニメ、ファッション、美容、食分野等に関わる分野における在留資格…
  3. New!水際対策強化に係る新たな措置について(2)
  4. 帰国困難者に対する在留諸申請の取扱いが変わります
  5. 日本版高度外国人材グリーンカード(永住許可の改正案)
  6. 過去に来日した技能実習生を再度招へいしたいけど問題はありますか?…
  7. 雇用契約書は入管から許可が出てから取り交わすことはできませんか?…
  8. 外国人 ビザ 永住許可を検討しています。家族(妻・子)も同時に申請することがで…

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP