ブログ

特定技能で定める届け出について(2)

<随時届出について>
届出の種類により、「特定技能外国人が所属する機関が提出すべきもの」と「登録支援機関が提出すべきもの」に分かれます。

特定技能外国人が所属する機関が提出すべきもの
・特定技能外国人に関する随時届出
・支援計画の変更に関する随時届出(※支援の全てを登録支援機関に委託している場合も含む)
・特定技能外国人を受け入れることが困難な事由が生じたとき 等

②登録支援機関が提出すべきもの
・登録支援機関登録簿に掲載された内容に変更が生じた
・登録支援機関としての活動を休止・廃止した
・(休止後に)登録支援機関としての活動を再開した 等

詳細な情報は、こちらをご参照下さい。

関連記事

  1. 高度専門職 VISA 4月から留学生を新卒採用します。卒業証書が3月下旬になるそうです…
  2. 長期海外出向から帰任後の永住申請のタイミングについて教えてくださ…
  3. 日系四世の更なる受入れについて(特定活動)
  4. 高度人材ポイント制の見直し ~日本語能力検定N2でポイントUP~…
  5. 「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で許容される実務研修につい…
  6. 海外子会社への出向に伴う在留資格の更新手続きについて
  7. 在留資格「高度専門職」が受けられる優遇措置とは
  8. 1年以内に再入国できなかったとき

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP