ブログ

水際対策(2022/5/18現在)

韓国からの入国者及び帰国者について
令和4年5月 17 日午前0時からは、入国時の検査で陰性と判定された方については、検疫所長の指定する場所での待機及び入国後3日目の検査を求めないこととし、原則として、入国後7日間の自宅等での待機をしていただくことになります。

検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で3日間待機、入国後3日目の検査が求められる国
エジプト、パキスタン、ブルガリア、南アフリカ共和国、ラオス、ロシア全土

https://www.mhlw.go.jp/content/000922220.pdf

関連記事

  1. 在留資格認定証明書の有効期間について(最新)
  2. 外国人 ビザ 在留カードへの漢字併記を希望する場合の手続きについて教えてくださ…
  3. 外国人 ビザ インターンシップ(特定活動)について、1年を超える活動は可能でし…
  4. コロナウイルス関連の水際措置情報:インド、パキスタン及びネパール…
  5. 資格外活動許可の対象外となる事例
  6. 中国渡航前検査及び健康コード申請 の最新措置について(2022年…
  7. 高度専門職の特別加算「契約機関がイノベーション促進支援措置を受け…
  8. 海外駐在からの帰任に伴う家族の在留資格申請について教えてください…

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP