ブログ

水際対策(2022/5/18現在)

韓国からの入国者及び帰国者について
令和4年5月 17 日午前0時からは、入国時の検査で陰性と判定された方については、検疫所長の指定する場所での待機及び入国後3日目の検査を求めないこととし、原則として、入国後7日間の自宅等での待機をしていただくことになります。

検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で3日間待機、入国後3日目の検査が求められる国
エジプト、パキスタン、ブルガリア、南アフリカ共和国、ラオス、ロシア全土

https://www.mhlw.go.jp/content/000922220.pdf

関連記事

  1. 技能実習を最長の5年行うために(監理団体)
  2. タイ、ベトナムからの来日再開に向けた段階的措置の対応について
  3. 外国人 ビザ 高度専門職の外国人個人が家事使用人Housekeeperを雇用す…
  4. 新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について…
  5. 永住許可申請時の添付書類の追加
  6. 新型コロナウィルス感染拡大防止にかかる上陸拒否と特段の事情による…
  7. フィリピン国籍の外国人を雇用する場合の留意点(1)
  8. ”技術”と“技能”の境界とは ~その1~

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP