ブログ

特定技能における受入れ見込数の見直し及び制度の改善について(令和4年8月 30日閣議決定)

2022年8月30日の閣議決定により、特定技能全分野の受入れ見込み数が見直されました。

1.介護
2023 年度末までは、当面、受入れ見込数を最大5万900 人とし、これを受入れの上限として運用する。

2.ビルクリーニング
2023年度末までは、当面、受入れ見込数を最大2万人とし、これを受入れの上限として運用する。

3.素形材・産業機械・電気電子情報関連製造業
2023年度末までは、当面、受入れ見込数を最大4万9,750 人とし、これを受入れの上限として運用する。

4.建設
2023年度末までは、当面、1号特定技能外国人の受入れ見込数を最大3万 4,000 人とし、これを1号特定技能外国人の受入れの上限として運用する。

5.造船・舶用工業
2023年度末までは、当面、1号特定技能外国人の受入れ見込数を最大1万 1,000 人とし、これを1号特定技能外国人の受入れの上限として運用する。

6.自動車整備
2023年度末までは、当面、受入れ見込数を最大 6,500人とし、これを受入れの上限として運用する。

7.航空
2023年度末までは、当面、受入れ見込数を最大 1,300人とし、これを受入れの上限として運用する。

8.宿泊
2023年度末までは、当面、受入れ見込数を最大1万1,200 人とし、これを受入れの上限として運用する。

9.農業
2023年度末までは、当面、受入れ見込数を最大3万 6,500人とし、これを受入れの上限として運用する。

10.漁業
2023年度末までは、当面、受入れ見込数を最大 6,300人とし、これを受入れの上限として運用する。

11.飲食料品製造業
2023年度末までは、当面、受入れ見込数を最大8万7,200 人とし、これを受入れの上限として運用する。

12.外食業
2023年度末までは、当面、受入れ見込数を最大3万500 人とし、これを受入れの上限として運用する。

 

関連記事

  1. 高度専門職のメリット ~家事使用人を雇用する~
  2. 外国人 ビザ 文系学士・情報処理系業務の場合の取り扱いについて(技術・人文知識…
  3. NEW 水際対策緩和について
  4. タイ、ベトナムからの来日再開に向けた段階的措置の対応について
  5. 特定技能で定める届け出について(2)
  6. 緊急事態宣言延長後の水際措置について
  7. 海外子会社社員を研修で受け入れる場合の留意点
  8. 飲食店やコンビニ店で働く在留資格

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP