ブログ

New!水際対策強化に係る新たな措置について(2)

2.外国人の新規入国制限の見直し
以下のいずれかに該当する外国人は、「特段の事情」があるものとして、日本への新規入国が可能となる。
・短期滞在(商用)で滞在する者
・在留期間が3か月の就労系在留資格で滞在する者
・長期滞在者

要件
・日本国内の受入責任者(入国者を雇用、招聘する企業等)が業所管省庁に申請書式(誓約書及び活動計画書等)を事前に提出し、その審査を受けていること。

備考
・受入責任者から業所管省庁への申請の受付は、2021年11月8日午前10時から開始。

関連記事

  1. 外国人の新規入国制限の見直しについて
  2. 外国人技能実習機構の組織変更について
  3. 高度専門職のメリット ~家事使用人を雇用する~
  4. アニメ、ファッション、美容、食分野等に関わる分野における在留資格…
  5. 高度専門職 VISA 高度専門職(高度人材)のメリット
  6. 外国人 ビザ 高度専門職の外国人個人が家事使用人Housekeeperを雇用す…
  7. 昨年1月1日時点で日本に住所を有していない外国人社員の在留資格更…
  8. 技能実習を最長の5年行うために(監理団体)

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP