ブログ

New!水際対策強化に係る新たな措置について(2)

2.外国人の新規入国制限の見直し
以下のいずれかに該当する外国人は、「特段の事情」があるものとして、日本への新規入国が可能となる。
・短期滞在(商用)で滞在する者
・在留期間が3か月の就労系在留資格で滞在する者
・長期滞在者

要件
・日本国内の受入責任者(入国者を雇用、招聘する企業等)が業所管省庁に申請書式(誓約書及び活動計画書等)を事前に提出し、その審査を受けていること。

備考
・受入責任者から業所管省庁への申請の受付は、2021年11月8日午前10時から開始。

関連記事

  1. 外国人技能実習機構の組織変更について
  2. 世界に開かれた国際金融センターの実現に向けた高度人材ポイント制に…
  3. 技能実習生は何名受入可能でしょうか(企業単独型)
  4. 外国人・海外居住者の方の会社設立について  
  5. 外国人が日本に再入国する場合に必要な手続(水際対策)
  6. 外国人 ビザ 子の出生による在留資格取得許可申請について教えてください。
  7. 在留資格変更手続に時間がかかり4月入社に間に合わない場合の対応
  8. 外国子会社から受け入れるエキスパットの高度人材認定について教えて…

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP