ブログ

NEW 水際対策緩和について

2022年10月11日以降に日本に入国する外国人については、入国時手続きが以下のように変わります。

1.外国人の新規入国制限の見直し
下記(1)、(2)又は(3)の新規入国を申請する外国人について、日本国内に所在する受入責任者による入国者健康確認システム(ERFS)における申請を求めないこととする。
(1)商用・就労等の目的の短期間の滞在(3月以下)の新規入国
(2)観光目的の短期間の滞在の新規入国
(3)長期間の滞在の新規入国

2.入国時検査及び入国後待機の見直し
特定の国からの帰国者・入国者以外については、原則として、入国時検査を実施せず、入国後の自宅又は宿泊施設での待機、待機期間中のフォローアップ、公共交通機関不使用等を求めないこととする。

3.入国者総数の管理の見直し
入国者総数の上限は設けないこととする。

関連記事

  1. 高度専門職のメリット ~家事使用人を雇用する~
  2. 中国渡航前検査及び健康コード申請 の最新措置について(2022年…
  3. New!水際対策強化に係る新たな措置について(2)
  4. 外国人が日本に再入国する場合に必要な手続(水際対策)
  5. Regarding gradual measures to vi…
  6. 日系四世の更なる受入れについて(特定活動)
  7. 長期海外出向から帰任後の永住申請のタイミングについて教えてくださ…
  8. コロナウイルス関連の水際措置情報:インド、パキスタン及びネパール…

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP