ブログ

新たな外国人材受入れ!在留資格「特定技能」の創設

2019年4月からの開始を目指し、新しい在留資格「特定技能」が創設される予定です。

この在留資格は、今まで、就労系の在留資格としては「技能実習」でのみ認めていた

いわゆる現業業務をすることが可能となる在留資格です。

そのため、現業業務を担う人材の不足に悩む産業や企業様にとっては、非常に大きなインパクトをがある在留資格の新設となります。

2018年10月の最新の情報では、

・介護 ・ビルクリーニング ・素形材産業 ・産業機械製造 ・電気、電子機器関連産業 ・建設業 ・造船、船舶工業

・自動車整備 ・航空業 ・宿泊業 ・農業 ・漁業 ・飲食料品製造業 ・外食業 の14分野が対象となるとされております。

 この在留資格を適正に活用するためには、在留資格に関する正確な知識が必要です。

行政書士法人シンシアインターナショナルでは、在留資格関連の申請手続きを専門でおこなっております。

在留資格に関するご相談、お問合せが御座いましたら、行政書士法人シンシアインターナショナルまで。

 

 

 

関連記事

  1. 外国人 ビザ 米国弁護士を日本で受け入れる場合の手続について教えてください。
  2. コロナウイルス関連の水際措置情報:2021年5月18日更新情報
  3. 外国人 ビザ 永住許可を検討しています。家族(妻・子)も同時に申請することがで…
  4. 外国人 ビザ 文系学士・情報処理系業務の場合の取り扱いについて(技術・人文知識…
  5. 技能実習生は何名受入可能でしょうか(企業単独型)
  6. 帰国困難者に対する在留諸申請の取扱いが変わります
  7. 在留資格「高度専門職」が受けられる優遇措置とは
  8. 飲食店やコンビニ店で働く在留資格

最新のお役立ち情報

お役立ち情報一覧

シンシアの書籍

PAGE TOP