ブログ

技能実習 監理団体の監理責任者 

監理団体の監理責任者について

団体監理型技能実習の監理団体の許可を受ける為には、様々な要件がありますが、その要件の一つに監理責任者を選任が求められています。

監理責任者になるための要件や、監理責任者が行う仕事内容をご説明いたします。

監理責任者の要件

①過去3年以内に監理責任者に対する講習を修了した者(当面の間は経過措置として講習未修了でもok)

②監理団体の常勤の役職員で、監理事業を行う事業所に所属している。

③技能実習計画作成指導者との兼務は可能

監理責任者になれない人(欠格事由)

①禁錮以上の刑に処され、その執行を終えた日から5年を経過していない者、過去5年以内に出入国又は労働に関する法令に関し不正又は著しい不当な行為をした者

②未成年

監理責任者の仕事

①技能実習生の受け入れの準備に関すること

②技能実習生の技能等の修得等に関する実習実施者への指導及び助言並びに実習実施者との連絡調整に関すること

③技能実習生の保護その他技能実習生の保護に関すること

④実習実施者等及び技能実習生等の個人情報の管理に関すること

⑤技能実習生の労働条件、産業安全及び労働衛生に関し、技能実習責任者との連絡調整に関すること

⑥外国人技能実習機構等の関係機関との連絡調整に関すること

これらを統括管理することが監理責任者の仕事となります。

監理団体の許可を受ける為には、監理責任者のほか、技能実習計画作成指導者や外部監査人又は外部役員の選任等の人的要件をクリアする必要があります。

これらにも選任されるための要件があるので、監理団体の許可を取るためには一つずつクリア行かなければなりません。

外国人技能実習制度に関するご相談は、シンシアインターナショナルまでお気軽にご相談下さい。

お問合せ

 

最新のお役立ち情報

  1. 外国人 ビザ

お役立ち情報一覧

PAGE TOP